北海道の中心的存在である札幌には、様々な家庭教師を派遣するセンターのビルがあり、本土ではなくても充実した受験対策を行える環境です。
ただし、現役学生のお小遣い稼ぎとしての家庭教師も多く混ざっているので、本当のプロ家庭教師としては意外に少ないとも言える状況になっています。
元々、札幌を中心とする北海道では、本土からわざわざ受験してくるほど全国的に有名な名門私立や、地元の付属学校が多く、子どもに中学受験をさせる風潮があるので、その要望に応えるべく、家庭教師センターでは派遣する人材の育成を継続的に行っているのです。
札幌のプロ家庭教師としての定義は、やはり限られた時間で志望校の合格ラインへ近づけることであって、本気で依頼するのならば受験本番までの長期的な契約になります。
実績が豊富なプロ家庭教師ともなれば、実際に合格した家庭からの紹介だけで好待遇の仕事がどんどん集まってくるほどで、すぐに次の受験対策をしたい家庭に雇われてしまうので気をつけましょう。
もしも札幌だけに限らず、寮がある本土の私立も視野に入れているのであれば、全国的にネットワークがある大手の家庭教師センターからプロ家庭教師を派遣してもらう必要があります。
プロは社会人として教えているので、子どもにとっては親戚や教師に近いポジションになってしまいますが、学生に比べて責任感が強く、その子どもに合った学習計画の立案とサポートについて全面的に任せられるレベルです。
当然、プロとしての仕事に見合うだけの報酬を支払う必要があり、契約先の選定から時間をかけて行うのが鉄則になります。
札幌市で家庭教師を選ぶなら、子どもの人生を大きく左右する中学受験においては、合格までの最短ルートをプロに提示してもらって、その学習計画を遂行することだけ考えるべきです。